さくちゃんがわが家にたどり着くまで その2

3時間ほど仮眠をとり、さくちゃんの病室に戻った私たち。オーデンセの病院で検査を受けてはいましたが、担当の先生たちが改めて心臓のエコー検査をして、病状を説明してくれたり付き添い入院のための事務的な手続きについて話を聞いたり、とにかく「スリー…

さくちゃんがわが家にたどり着くまで その1

さくちゃんが生まれたのは金曜日の早朝。生まれた当日は、ぼっちゃんはエス氏のお兄さんの家にお泊りしてエス氏も病院に泊まり、翌日の土曜日に家に帰りました。私はさくちゃんと病院でふたりきりの時間を過ごしつつ、母乳が出るようになるためのサポートを…

さくちゃん誕生までの道のり

さくちゃんの誕生、新生児期を振り返ると、どうしても病気のことばかりになってしまいます。でも、しっかりと覚えておきたい、お産自体はとてもいいお産で、すてきな思い出として頭に残っているということ。入院中にお産を振り返って書いた文章を、ここにも…

イェンセン家の人々

このブログは、イェンセン家の日々をつづるブログです。 エス氏と私が出会ったのは2010年。私がデンマークにワーキングホリデーで滞在していたときのことです。 もともと知り合いだったデンマーク人の女の子を通して知り合ったのがエス氏。ラングエージエク…

気合を入れて復活!

今年の2月を最後に更新がずーっと途絶えていて、「この先このブログをどうしたらいいんだろう」「放置されているブログに申し訳ない」「てゆうかブログに割いている時間なんてない」・・・いろいろな思いが頭の中を駆け巡りました。 「更新が滞っていて久し…

いまさらながら

いまさらながら出産前に更新し損ねた「下書き」がでてきました。 せっかくなので、記事として載せておくことにします。 ************************************************************************************ 2人目出産予定日まで1週間を切ってしまいまし…

"shit happens" とは言うけれど

あっという間に2月も半ば。ブログの記事を「あっという間」「ドタバタ」「気がつけば」なんて言葉を使わずに書きはじめられるようになるのはいつでしょうか。いつだって頭の片隅に「ブログを更新する」が鎮座しているのになかなか行動に移せません。 さて、…

ぼっちゃんの言葉

ここ数ヶ月のぼっちゃんの大きな成長と言えば歩いたり走ったりの運動能力と言葉の発達です。 私は日本語、エス氏はデンマーク語と日本語(比率でいうと8対2くらい)でぼっちゃんに話しかけています。私とエス氏の会話はデンマーク語ですが、ぼっちゃんとの会…

2017年を振り返りつつ、2018年を思う

2018年がスタートしました。去年の9月、産休が明けて大学生活に戻ってからクリスマスまでの3ヶ月間は、おそらく人生で一番バタバタした時間だったのではないかと思うほど忙しく、通学時間にのんびりブログ更新なんて夢のまた夢。「フォーカスはいま」なんて…

フォーカスはいま

前回の投稿から、あっという間に3週間ちかくがたったわけですがその間にいろんなことがありました。 まずなによりもここに記録しておきたいことはぼっちゃんが歩いたことです!あれはいつだったでしょうか…そう10日前のことです。なんとなく2、3歩、ててて……

c'est la vie: 自分の原点を再確認する

日本はこれから夏本番というところだと思いますが、私は今朝、夏の終わりの空気を感じました。日本だったらたぶん、9月の終わりくらいに吹く風の感じ。そこか寂しげで、夏のにぎわいをそっと吹き消すような、祭りのあとの静けさにも似た空気まとった風が、寝…

つまらない

ふと思うんです。私のブログ、文章がつまらん、と。実はけっこう頻繁に思っています。つまんなすぎて、ちょっと自分のことが嫌になりそうなくらい。 そしてつまらん理由もわかっています。「こころ」で書いていないんです。 とにかく読みやすくてきれいな文…

保育園スタート!

ぼっちゃんの保育園生活が今日からスタートしました。これで私の産休もいよいよ終わり。8月は新生活に慣れることと、免許の取得、大学に戻るこころの準備がおもな重点活動項目になりそうです。 家ではできないいろんなことを体験してほしいし、ほかのちびっ…

あぁ、免許がほしい!

「忘れられない日」を乗り越えて、教習所に通うことはや2ヶ月半。まだまだ頭の中が混乱することも多いですが、助手席で指示を出してくれる先生がいれば、何とか運転できるようになってきました。先日は高速道路教習があり、最高時速130キロでの運転を初体験…

ぼっちゃん1歳

先週末、ぼっちゃんは1歳の誕生日を迎えました!土曜日はエス氏のお兄さん一家とお母さんを呼んで日曜日は地元のお友達を呼んでお祝いしました。料理をつくるのは好きだけど、パーティー料理を用意するのは初めての私。メニューはいろいろ悩ん挙句に、つくり…

あと3日で・・・

今週末から4週間の夏休みがはじまります。そして週末にはぼっちゃんが1歳に。2日間の陣痛ののちの帝王切開という、おなかいっぱいの出産からもう1年。すでに遠い昔のことのような気がしますが、まだ1年しか経っていないんですねぇ。今年の夏休みは夫婦そろっ…

成長は突然やってくる

6月も半ば。日本は梅雨のじめじめした日が続いているのでしょうか。デンマークのイェンセン家は夏休みまで、あと2週間ちょっとというところ。いわゆる「ホリデー!」な海外旅行は日本帰省の機会にとっておいて今年はエス氏のお母さんとエス氏の古い友人を訪…

ちょっとリッチになった気分

いまのアパートに引っ越して、今年の夏で2年になります。広めのベランダがここを選んだ決め手になったにもかかわらず(デンマークにはベランダがないアパートが多くあります)大学の勉強に妊婦生活と、バタバタしていて洗濯ものや布団を干す以外になかなか活…

はじめての言葉・・・?

1歳の誕生日まで1ヶ月を切ったぼっちゃん。お誕生日会も料理のメニューを決めたり、少しずつ準備をしています。10ヶ月でつかまり立ちをするようになってからは発達が目覚ましく、表情も豊かになりました。笑いかけると笑い返してくれるのが、母の私にはとて…

たぶん忘れられない日になる

デンマークに引っ越して、この夏で5年になります。「デンマーク=夢の国」と、デンマークのすべてがキラキラして見えたのもいまは昔、北欧礼賛と言わんばかりにキラキラがあふれたデンマーク紹介を見て「へんっ!」と思うことも多々。住めば都とは言いますが…

まだゴールは想像できないけれど

とうとうこの日が来てしまいました。自動車教習所スタートの日。とにかくいいことだけ考えるようにして、自分のため、ぼっちゃんのため・・・とにかくやるしかない!と意気込みつつも、「見えないものに向かうとき 人は誰も孤独」とSOPHIAの歌を思い出したり…

もどかしさいっぱいの母と子

ぼっちゃんが10ヶ月になった日。とても自然に、これまでずっとできていたかのようにぼっちゃんが・・・つかまり立ちをしました!午前中のお昼寝から起きたようだったので、しばらく様子をみてからぼっちゃんの部屋に行くとベッドに座っていたぼっちゃんが、…

私は「タイプ1」の人間

明日で10ヶ月になるぼっちゃん。今日は初めてストローで水を飲めました!本人もストローから水が出てきたことにビックリしたのか、飲めた瞬間、あれ!?という顔をしていました。近いうちにストローボトルをお店で見てみようと思います。 さて先日、エス氏と…

子どもを育てることは自分と向き合うこと

最近のぼっちゃんは、拍手ができるようになり、人差し指を差し出すと、人差し指を合わせてくれるようになりました。まるでET! 私はひとりで"ET phone home!"なんて言ってはしゃいでいます。表情も豊かになり、いやなことはいやだと拒否するし、電気のコード…

「ねんトレ」をはじめて3週間

約3週間前にはじめた「ねんトレ」。だんだんわが家の生活のリズムに溶け込んできました。日によって違いはしますが、エス氏は遅くても4時半には仕事から帰ってきます。なので・・・16時45分ごろ エス氏がぼっちゃんをお風呂に入れる(エス氏) 私は夕飯の下…

車より電車、都会よりわが町

ぼっちゃんが生まれて生活環境が変化したのを機に、一念発起してとることになった車の免許。私は来月、エス氏は6月から教習所に通い始める予定です。 都会で生活してきた私にとって、教習所に通う日がくるなんて、夢のまた夢。そんなお金があったら海外に行…

「ねんトレ」をはじめる

ぼっちゃんは先週末で9ヶ月になりました。気がつけば、外は暖かく花も咲きはじめ、春になりましたね。1歳の誕生日まであと3ヶ月かと思うと、本当にびっくりします。 さて、私とエス氏のあいだで話題に上がっては消えてを繰り返していた「ねんトレ」をついに…

教会のプレイルームに行ってみた

出産前に参加した両親学級で知り合ったセルビア人のお母さんから、教会のプレイルームに行ってみないかとメールが来たのは2週間前のこと。このお母さんとは、インターナショナルなママグループでもたびたび会っていたけれど、グループの集まりを取りまとめ…

ぼっちゃんより3回食開始のサイン

ごくごく飲んでいたミルクを嫌がることが続いたら、一歩進むサイン・・・。私はそんなふうに思っています。離乳食も、ぼっちゃんがえびぞりになってミルクを拒否したことをきっかけに、4ヶ月のころにはじめました。(離乳食をはじめたら、えびぞりになること…

「とりあえず」のつもりが・・・

エス氏はとっても受け身というか、自ら主導権を握らない人です。本人は否定しますが、「~やってね」と言うと、「そうそう、それね、いまちょうどやろうと思ってたんだ」なんて言います。私が元気なときはうまく流せるけれど、疲れていたり、調子が悪いときは…