「おひとりさまツアー」よりありがたいもの

ありがたいことに、私はひとりで出かけられることが多いです。
何ヶ月に1回かの「おひとりさまツアー」だけでなく
毎日の買い物も、ほとんどひとりで出かけます。
それもエス氏の帰宅時間が早いおかげ。
帰りが夜9時になる日が週に1回あるのを除けば、
だいたい午後3時には帰ってきます。

集合住宅の場合、洗濯は共用のランドリールームでするのが一般的で
私たちも週2回、地下のランドリールームで洗濯します。
一家に1台洗濯機がある場合と比較したときの利点は、
なんといっても2、3台の洗濯機を一度に使えること。
そして、大型のドラム式洗濯機で洗えることです。
逆に不便なところは、すきなときに洗濯ができないことがある、
そして2階から地下まで大量の洗濯物を持ち運びしなくてはいけないことです。
そんなわけで、洗濯はエス氏も家にいるときにすることになります。

買い物にしても、洗濯にしても、エス氏が残業もなく
毎日決まった時間に帰ってきてくれるおかげで、予定が立てやすいです。

ほんとうに恵まれているなと思いますが、
なによりうれしい時間は、「家でひとりになる時間」。
ぼっちゃんアンテナも完全にオフにして、料理なら料理、
掃除なら掃除だけに集中できる時間。
自分以外の人の気配がしない、静けさ。
1年前は当たり前だったことが
いまではエス氏とぼっちゃんがふたりで散歩に出かけたときにだけ訪れる
ちょっと贅沢な時間になりました。

とはいえ、8月になったら私の大学復学に合わせて
ぼっちゃんは保育園に通うことになるので、
片道1時間の電車移動の時間も含め、私が1人になる時間が増えることは必至。
そう考えると、ぼっちゃんとの時間を
育休のいまのうちにたっぷり楽しんでおきたいとも思うのです。


::最近のぼっちゃん::
おもちゃ箱をひっくり返して遊ぶようになりました。
IKEAの袋もガサガサ音がするのでお気に入り。

f:id:frujensen:20170207173337j:plain

f:id:frujensen:20170207173316j:plain