育児日記ふたたび

最近のぼっちゃんは遅くても夜7時には寝てしまいます。
夫婦で夕ごはんをゆっくり食べて、そのあと寝るまでの時間は「自由時間」。

こんな日が来るとは3ヶ月前の私たちには想像できませんでした。
ぼっちゃんが朝4時ごろに起きてしまうので
朝は早いですが早起きするのはエス氏だけ。
私は夜中にミルクをあげる代わりに6時ごろまでゆっくり寝かせてもらっています。

週末にエス氏とぼっちゃんの1日の食事のリズムの話になりました。
携帯にメモしたミルクと離乳食の時間を見ながら、
ところどころに簡単に書いてある、覚えておきたいぼっちゃんメモも読んでいたら
まだ生後7ヶ月半だというのに、もう懐かしく思うできごとがたくさん。
そもそもこの携帯のメモは、一日の終わりに書く
育児日記のために始めたものなんです。
出産前に日本にいる妹が送ってくれたこの育児日記。

f:id:frujensen:20170221040835j:plain

出産後2週間の入院で、スタートからつまづいてしまったものの、
なんとかふんばって11月まではつけていました。
各ページの端には、そのときの赤ちゃんの様子に合わせた
アドバイスやコメントも載っていて、それにもいろいろ助けられていたというのに
12月の忙しさ、1月の日本帰省で完全に挫折。
本棚に置かれたままになっている姿を見ては、妹に申し訳なく思い、
さりとて再開するべくそれに手を伸ばすということもなく、時が流れていきました。

週末に子どもの成長を、記録を見ながら振り返ることの楽しみを改めて感じたこと
夜にゆっくりする時間があるいまなら、またしっかり続けられそうだと思ったことから
ふたたび育児日記をつけることにしました。

動きも活発になり、表情が豊かになったぼっちゃん・・・ネタには困らなさそうです。