読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教会のプレイルームに行ってみた

出産前に参加した両親学級で知り合ったセルビア人のお母さんから、教会のプレイルームに行ってみないかとメールが来たのは2週間前のこと。
このお母さんとは、インターナショナルなママグループでもたびたび会っていたけれど、グループの集まりを取りまとめるボランティアの若い女の子が別の街に引っ越してしまい、グループもフェイドアウトしてしまっていました。
クリスマスに日本帰省とバタバタしていたときは、参加する余裕もなかったので、集まりがなくても気になりませんでした。
ところが、いろんなことがひと段落したところで、
「はて、私は毎日家にこもってばかり。窓を外を見ればアクティブに生きている人がたくさん。
 私はぼっちゃんと二人の世界に置き去りにされたよう。。。」
なんて思うことが増えてきたのです。
そんなときにセルビア人のお母さんからメールが来たのでした。

プレイルームに行った感想をカンタンにまとめると
・ものすごく気分転換になる!
・やっぱりうちの子がイチバンかわいい!
・「母」という自覚がいっそう深まる! 

家にぼっちゃんと二人でいると、どうしても家事などのほかのことが気になって

なかなかふたりで遊ぶことに集中できなかったり、どこかで社会から取り残されているような気がして、ふと寂しくなったり・・・。
でも、プレイルームではぼっちゃんと遊びながら、ほかのお母さんとおしゃべりもできます。
赤ちゃんと遊んでいるのは私だけではないから、もちろん寂しい気持ちにもなりません。
育休中のお母さんたちの世界というのは確かに存在するんだと、実感します。
「社会から取り残された感」が薄らぐだけでも、プレイルームに行く価値アリ!
気持ちにも余裕が出てきます。
そしてほかの赤ちゃんに囲まれているぼっちゃんを見ると、なんだかいつにも増してかわいいんです。
もちろんほかの赤ちゃんもかわいいと思うけれど、やっぱりわが子は違います。
ぼっちゃんの周りだけ光っているというか、海外に出てみて、改めて日本のよさに気づく気持ちに少し似ている気がします。
さらに、自分もほかのお母さんたちに混ざって、子育ての話をしていると
自然と「あぁ、私もお母さんなんだな」というあたたかい気持ちでこころが満たされます。
この気持ちもまた、子育てを楽しむのに一役買ってくれると思います。

ここしばらく、子育てを楽しめない自分をダメだと思ってばかりいました。
子育ての経験がある人はみんな、口をそろえて
「いまを楽しみなさい!子供はすぐに大きくなっちゃうんだから!」なんて言います。
いまを楽しめない自分とその言葉が重なって、ズーンと沈む。
楽しまないと!と思えば思うほど、それが心の負担になっていくんです。
ダメな母だと思いはじめると、こんどは自分が子供にしてあげることすべてに自信が持てなくなってしまって。
もうどうしたらいいのか、途方に暮れかけていました。
プレイルームに行ってみて、また毎日を楽しめるようになるきっかけをもらえた気がします。
ついつい、外に出るのが億劫で家にこもってしまいがちですが、えいやっ!と外に出て、フレッシュな空気を吸うのは大事だなと改めて思いました。