もどかしさいっぱいの母と子

ぼっちゃんが10ヶ月になった日。
とても自然に、これまでずっとできていたかのように
ぼっちゃんが・・・つかまり立ちをしました!
午前中のお昼寝から起きたようだったので、
しばらく様子をみてからぼっちゃんの部屋に行くと
ベッドに座っていたぼっちゃんが、柵につかまってそのまますくっと立ったんです!
突然のできごとに「あぁ、はいはい・・・えぇ!?」と時間差で驚いた私。
とりあえずもう一度座らせて、携帯で立った様子を動画撮影(笑)。

ずっとほふく前進で、はいはいをする様子がないので
このままはいはいのプロセスは飛ばして立つんじゃないかと思っていたら
その予感が見事に的中しました。
ここ最近は、遊んでいても機嫌が悪いことが多くて、
自分の目線よりも上にあるものばかりを気にするぼっちゃん。
きっと、「したいこと」と「できること」の違いに
もどかしさを感じているんだろうなぁと思っています。

私は私で、ドアを開けたいけど開けてはいけないもどかしさと、日々戦っています。
ぼっちゃんの「ねんトレ」をはじめてからというもの、
「おやすみ」後、ぼっちゃんが寝たかどうかが気になってしょうがないんです。
寝たか、というよりは息をしているかが心配といったほうがより正確でしょうか。
というのも最近、ぼっちゃんはうつぶせ寝がお気に入りのようで。
10ヶ月なら、うつぶせ寝に対してそんなにナーバスにならなくてもいいみたいですが
やっぱり心配なんです。

そんなわけで昨日は、うつ伏せから仰向けに直したときに起こしてしまい、
今日は今日で、そーーーっと部屋に入ったつもりでしたが
気配と床のきしむ音で起こしてしまい。。
うつぶせ寝の心配よりも睡眠妨害を反省したほうがいいありさまです。
起きたばかりのぼっちゃんがどんなふうにしているかも気になるし
(起きてもすぐには部屋に入らず、目が覚めるのを待つようにしています)
小型カメラでも部屋に設置して、別室から様子がうかがえるようにしたいくらいです。