ちょっとリッチになった気分

いまのアパートに引っ越して、今年の夏で2年になります。
広めのベランダがここを選んだ決め手になったにもかかわらず
(デンマークにはベランダがないアパートが多くあります)
大学の勉強に妊婦生活と、バタバタしていて
洗濯ものや布団を干す以外になかなか活用できていませんでした。
今年こそはいい感じにするぞ!と思い立ち、
プランターと大きな植木鉢を買って、4月に葉物野菜やハーブを植えました。
IKEAでテーブルと椅子を買ったのは3月の終わり。
だまーーって見ていると、なーーーんにもしないエス氏に
梱包から出してそのままベランダに放置されている家具のことを
いつだったかの夫婦げんかで指摘したら(笑)、
やっとやっと先週末にテーブルが設置されました。

今日はそんないわくつきだけど、ベランダを「ヒュッゲリ」にしてくれる
テーブルでお昼ごはんを食べました。
ベランダに出ただけで、日常からちょっと離れられるぜいたく!
ベランダは西向きなので、午後からは日差しが容赦なく照りつけます。
紫外線アレルギーのある私には、風呂上がりのビールをベランダで…
なんてもってのほか!(いまの時期、日の入は22時すぎです)
カーディガンにストールで、のんびりランチがちょうどいいです。

f:id:frujensen:20170612035409j:image

プランターに植えた野菜は、レタス、春菊、そして水菜です。
大きな植木鉢には、ルッコラ、ソラマメなど。
いまはレタスと水菜がぐんぐん育っていて、
今日の夕ごはん、ゆで豚のおともに水菜を使いました。
スーパーで買えないものが、必要なときに必要なだけベランダで手に入るぜいたく!

 f:id:frujensen:20170612035939j:image

お昼にサンドイッチをつくるときにも、さっとベランダに出て
レタスの葉を1、2枚摘んで使ったりします。

このなんとも言えないぜいたくな気分をエス氏に話すと
「うちの実家でも家庭菜園をやってたけど、
 お母さんはリッチになった気がするって言ってたよ」。
あぁ、その気持ちわかる!
「レタスがないなら、ベランダから摘んでくればいいじゃない」ってことですね。
リッチ、リッチ。
生産者の顔が見えるどころか、自分自身というのもまたよし。

数年前は市民農園で野菜を育てていたのですが、通うのが億劫になってしまって。
ベランダミニガーデンなら楽しく無駄なく野菜を植えられそうです。
来シーズンはデンマークでは買えない大好物、青しそも植えようと思います。