c'est la vie: 自分の原点を再確認する

日本はこれから夏本番というところだと思いますが、
私は今朝、夏の終わりの空気を感じました。
日本だったらたぶん、9月の終わりくらいに吹く風の感じ。
そこか寂しげで、夏のにぎわいをそっと吹き消すような、
祭りのあとの静けさにも似た空気まとった風が、寝室の窓から吹き込んできたんです。

個人的に、デンマークの春・夏は日本より2ヶ月おそく訪れて
2ヶ月早く去っていくと思っています。
5月ごろやっと春らしくルンルン気分になって、8月には晩夏から初秋の空気。
10月になれば、雨がしとしと降り続いてだんだん暗くなってきます。
あぁ、いやだいやだ、暗い冬のことなんていまは考えたくない。
でも、ぼっちゃんの防寒着を買ったり、すこしずつ来たる季節の準備ははじめました。
今回買ったのは、季節の変わり目に着るキルティングのジャケットとズボン。
日本じゃ全くなじみのないデンマークの子供服ブランドの名前も
なんとなく覚えはじめて、子ども服のネットショップでポチッと買いました。
ブランドの名前はその名も「CeLavi」。
「This is life」というキャッチコピーのつくこの名前を聞いたら、
パブロフの犬並みに条件反射で頭に浮かぶのは。。。

というわけで、ここ数日はずっとhydeが「oui, c'est la vie」って歌ってます。
こういうリフレインって、ネットで本物を聴けばわりと治まるんですが
今回はそうもいかないみたいです。

ブランド名が洋服のタグに書いてあるだけならよかったものの、
ジャケットの胸元に思いっきり「CeLavi」ってロゴが入ってます。
あぁ、そうかこれはつまり、これからこのジャケットをぼっちゃんに着せるたびに
hydeが「oui, c'est la vie」って私の頭の片隅でささやくんだな。

こういうときに海外生活が長くなっても、私は日本人だなと思います。
歳をとっていろんなことを忘れてしまっても、
若いころに聞いた音楽は覚えていたりするものだと聞いたことがありますが
私の場合、私を海外へと導いたBackstreet Boysでも、
私の人生を変えたバンドMewでもなくて
きっと中学のころに好きだったシャ乱Qとか、
青春期に大ブームだったヴィジュアル系(GLAY、ラルクにPenicillin)の歌を
覚えているんじゃなかろうかと想像します。
やっぱりこんどの帰国のときには、90年代に人気だったヴィジュアル系バンドの
当時のアルバムをいろいろ物色しようかな。
(純粋なノスタルジーなので、バンドの「いま」にはあまり興味がありません。)
そしてエス氏のメタルに対抗(?)して、
ぼっちゃんにもビジュアル系に親しんでもらいます!