イェンセン家の人々

このブログは、イェンセン家の日々をつづるブログです。

エス氏と私が出会ったのは2010年。
私がデンマークにワーキングホリデーで滞在していたときのことです。

もともと知り合いだったデンマーク人の女の子を通して知り合ったのがエス氏。
ラングエージエクスチェンジをする、という名目で会いはじめたものの
言葉の勉強などはせず、あれよあれよという間に付き合うことになった・・・
というよくある話が、私たちの馴れ初めです。

その後、私はいちど日本に帰国し、新生活のために仕事をしながら貯金をしました。
そして結婚、遠距離夫婦期間を経て、2012年夏にデンマークに移住、いまに至ります。

私とエス氏は13歳差なので、いわゆる年の差夫婦です。
私の趣味は、こうして文章を書いたり、おいしいごはんを食べること
そしてリサイクルショップでレトロなものを見つけることです。
音楽を聴くこともすき。MewやBelle and Sebastianがお気に入りです。
そんな私のいまの職業は学生(いまは育児のため休学中)。
高校卒業後、経済的な理由もあって公立の短大に進学した私。
これまでずっと大学に行かなかったことがすごくコンプレックスでした。
それが30代半ばにして努力の甲斐もあって大学に行けることになり、
10歳以上離れた若い子たちと席を並べて勉強しています。

エス氏はデンマーク語教師で、本を読んだり、メタルなどの音楽を聴くのがすき。
古いホラーマンガやアメコミを集めたりもしています。

趣味や好みが似ている私たちではありますが、性格はほぼ正反対です。
私は、せっかちで自分ルールが多く、完璧主義で頑固、そして短気。
考えすぎることが多く、不安症状が出るので時々カウンセリングに行っています。
エス氏はとにかく人の意見に対して寛容で、柔軟、自分より人を優先する人です。
私たち夫婦は「きみのしあわせがぼくのしあわせ」と、ドラマみたいなことを
言ってくれるエス氏の人柄のおかげで円満生活が続いていると断言できます。

そんな私たちのところにやってきた「ぼっちゃん」。
子どもがほしいと思ってから、妊娠するまで少し時間がかかりましたが
いろんな意味でベストなタイミングで生まれてきてくれて、
ぼっちゃんは、いつ私たちのところに来るべきかわかっていたんだなぁと
しみじみ思います。
帝王切開で生まれたぼっちゃん。
出生時に肺がうまく広がらず退院まで2週間ほどかかりましたが、
いまはいたって健康、たまに手に負えないほど活発な子です。
ご多分にもれず「はたらくくるま」や恐竜がすき。
日々の成長に親の私たちは眉毛が上がったり下がったり忙しいです。

ぼっちゃん誕生から1年9ヶ月後に生まれてきたのは女の子の「さくちゃん」。
自然分娩で生まれてきたさくちゃんは、
出生直後こそいたって穏やかな時間を過ごしましたが
生まれて2日目に急に呼吸困難になり、その後の検査で
肺動脈弁狭窄症という先天性心疾患があることがわかりました。
自宅から離れたコペンハーゲン大学病院に転院後、生後6日目に手術。
高血圧のせいで術後も体調が安定せず、1ヶ月半入院しました。
その後の検査で高血圧の原因は右の腎臓が機能していないことにある
ということがわかりました。
将来的には左の腎臓ひとつで生きていくことになるさくちゃん、
いまは降圧剤を飲みながら心臓、腎臓の経過観察のために
月に数回大学病院に通っています。
とはいえ、病気だということを忘れてしまうくらいミルクをたっぷり飲み、
かつての横綱「曙」を彷彿とさせる、でっぷりかつ濃い顔で私を癒やしてくれます。

ちびっこと赤ちゃんに囲まれて毎日が嵐のように去っていくイェンセン家。
このブログでは、日々の記録だけでなく、いろんなことに思い悩む私のこと、
ぼっちゃんの成長、さくちゃんの成長と病気のことなど
イェンセン家を取り巻くさまざまなことを書いていけたらと思っています。