こんなはずじゃなかったんですが!

妊娠中の生活を記録に残したい気持ちではじめたこのブログ。
「記録に残す」時間をとるこころの余裕もなく、時間だけが過ぎていきました。
あっという間に予定日まで2週間を切り、今日にいたります。
こんなはずじゃなかったんですが!

大学の試験に追われているうちに、5月は終わってしまいました。
試験はmax. 10ページのレポート。
きっと、デンマークの学生からしたら大したことのない試験も、
デンマーク語が外国語の私にとっては超大物です。
自力で書けるだけ書いて、エス氏に文法的な間違いがないかなどを
チェックしてもらって…の繰り返し。
ずっと同じ姿勢で座っているのもつらいし、足はむくむし、
集中力は続かないしでつらかったです。
おまけに久しぶりにしっかり風邪をひいて、3日ぐらい寝込みました。
満足のいくレポートが書けたとは思いませんが、
この状況でできる限りのことはしたつもりです。
どうか不合格にだけはなりませんように!

6月に入ってからは口頭試験の準備。
体が言うことをきかない、「やりたいこと」と「できること」が
どうにもこうにも一致しない状態にストレスもたまり、
プレッシャーもあって、半泣きになりながらの準備でしたが、
なんとか無事に試験が終わりました。
晴れて夏休みに入って、のんびりできるかと思いきや!
体の力がすっかり抜けてしまい、さらにふたたび風邪をひき・・・で、
休み開始10日にして、やっとブログを書くところまでたどり着きました。
そうしたらもう、予定日まで2週間!
いわゆる「いつ生まれてもおかしくない」正産期に突入です。
臨月に入ると、胎動も減ってくる・・・なんてどこかで聞きましたが、
わが家の「ぼっちゃん」は、いたって活発。
いまもおなかの中で足をグングン伸ばしています。

おなかの子どもは、いつ生まれてきたらいいかが
「遺伝情報」として頭にインプットされている、
とホームドクターからもらった妊娠・出産に関する本に書いてありました。
ぼっちゃんがいつ出てくるつもりでいるのか、まったくわかりませんが、
5月、6月にあったことを出産前に振り返ってまとめておきたいと思うこのごろです。