読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちゃん誕生までの道のり 2

ぼっちゃん誕生まで

モルヒネを打って休んでいるあいだ、ときどき助産師さんが様子を見に来ていました。
午前2時、痛み止めの効き目が切れて、また徐々に陣痛の痛みがきたころ
子宮口が少し開いてきたということで分娩室へ移動することになりました。
分娩室で待っていた担当の助産師さんは、冷静に物事を言う人で
陣痛を痛がる私に「痛みなしでは子供は産めませんよ」とキッパリ。
しばらくして出産に備えて浣腸をして、痛み緩和のためにシャワーを浴びました。
思えば浣腸からくるおなかの変な感じと、陣痛が同時に来たときが
出産全体を通していちばんつらい時間だったように思います。

明け方になってもなにも進展がなく、モルヒネを打ったときと同じく
分娩の前に体力を消耗してはいけないという理由で
こんどは部分麻酔を打って休むことになりました。
麻酔科のが若くてかっこいい人でできればこんな場面でなく、
もうちょっと違うときに会いたかった・・・!なんて
くだらないことを考えているあいだに、背中にブスリと麻酔を打たれました。
この痛み止めも、弱い陣痛にだけ効いて、強い痛みはそのまま。
それでも、とぎれとぎれに眠ることができました。

午前8時ごろ、麻酔が切れたのか、また痛みが戻ってきました。
もうこのころになると、かなり気持ちも弱ってきて
エス氏に「もう無理」と何度も言っていたような気がします。
病院到着後から数えて4人目の助産師さんは
その前の助産師さんに比べてだいぶ物腰の柔らかい人でちょっと安心・・・
と思ったのもつかの間、仕事は冷静にこなす人で、
「なにも進展がないので陣痛促進剤を打ちます」と痛みで疲労困憊の私に言いました。
「さらに痛いのなんてもう無理です。 帝王切開に切り替えてほしいくらいです!」という私にも
ちゃんとした理由がない限り、帝王切開にはできないと冷静に返答。
陣痛促進剤の投与がはじまりました。
そして陣痛は、弱い痛みと強い痛みが休みなく交互にやってくる状態になり、
もはや痛みから解放される瞬間がありませんでした。

そんなこともあってか午後1時ごろ、またしても体力を消耗するからという理由で
痛み止めの麻酔を打つことになりました。
それまでと違い今回は痛み止めがしっかり効いて、完全に痛みがなくなり
そのおかげでぐっすり眠って体力も回復しました。

これで子宮口が開くのを待つ・・・というのが助産師さんのプランでした。
ところが、おなかのなかのぼっちゃんが陣痛に疲れはじめていること、
そしてぼっちゃんの頭が骨盤のあいだにうまく降りてこず、位置の修正もうまくいかないことから
産科の先生と相談のうえ、帝王切開に切り替えることになりました。

痛み止めのおかげですっかり陣痛から解放されていた私は、
これまでの痛みとの戦いは何だったのかというなんともいえない思いと
もうすぐぼっちゃんに会えるうれしさが混ざった不思議な心境でした。

帝王切開になると決まったら、準備は一気に進みます。
ベッドに寝かされたまま手術室へ移動。エス氏も一緒です。
手術室には執刀する先生をはじめ麻酔科の先生、看護婦さんに助産師さんと
いろんな人がいました。(7、8人いたと思います)
手術の話と談笑が混ざった、想像よりもはるかに和やかな雰囲気のなか
3度目の麻酔になる下半身麻酔の注射を打たれました。
麻酔が効いているのを確認して、手術が始まったなぁと思ってすぐ、
ゴゴゴゴ…とチューブで羊水を抜いている音がしました。
カーテンの向こうで起こっていることは、まったくうかがい知ることができません。
なにがなんだかよくわからないまま、手術台に寝ているだけの私。

と、そのとき「オギャー」という赤ちゃんの声が聞こえ、
執刀した先生の手から助産師さんの手にわたっていくぼっちゃんの姿が見えました。

午後2時57分。

陣痛を感じはじめてから約48時間たっていました。
ついにぼっちゃんが出てきた…その安心感とうれしさで涙があふれました。
助産師さんがぼっちゃんを私の連れてきてくれたものの、そのときは顔を見ることはできず。
そして私は手術室から別室に移され、麻酔が解けるのを待ちました。
そのあいだエス氏もぼっちゃんもどこにいるかわかりませんでしたが、
ここ2日の疲れで眠ってしまいました。

ぼっちゃんは新生児病棟へ移動していて
麻酔が解けた私が、ついにぼっちゃんと会えたのは夕方になってから。
このときぼっちゃんは保育器に入っていて、
さらにCpap(空気を気管に送り込むために鼻につけるマスク)もつけていたので
またまたじっくりと顔を見ることはできませんでした。
保育器もCpapも、帝王切開によるものだとばかり思っていましたが、
これがその後半月にも及ぶ入院生活の始まりだとは、知るよしもありませんでした。